肩甲骨のアライメント

パーソナルトレーニングによって、肩甲胸郭関節に関係する筋の機能を鍛えることで、肩甲骨のアライメントが向上します。さらに、肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節に関係する筋の動員パターンの改善にもつながるそうです。肩関節の機能を取り戻したいと考えているのであれば、肩関節の複合的な動きを中心としたパーソナルトレーニングをしましょう。 なぜなら、肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節の連動性を高めることが非常に大切だからです。


肩関節は自由度の高い関節であり、日常生活の中で単一方向のみに動いていることはないと言っても良いでしょう。そのため、パーソナルトレーニングでは複合的な動きを取り入れる必要があります。中でも、ねじ動作を取り入れた動きの中で肩関節の機能を高めていくのが良いと思います。


肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節に関係する筋を鍛えるためには、腹臥位でのパーソナルトレーニングが有効だと考えられています。また、腹臥位でトレーニングを行うと肩甲骨を安定させる機能の改善にも効果があるそうです。肩甲骨のアライメントが乱れているときは、肩甲上腕関節や肩甲胸郭関節に連動する筋の動員パターンも悪くなることがあります。そのため、これらのパーソナルトレーニングは、肩甲骨のアライメント改善のためのトレーニング後に行うと効果が上がると思います。


また、肩関節のような自由度の高い関節をトレーニングする場合は、前額面、矢状面、水平面の3面を考慮して行うことが大切です。