日本で最初に西洋の合唱として、その起源として語られているのは1557年の大分でのミサでの歌が合唱として記録に残