甜茶や青蜜柑などが有名|アレルギー性鼻炎に悩める人は多い

有効成分の働きで

メディシン

お酒の悪影響が減る

お酒を頻繁に飲む方に最適な成分が、オルニチンです。オルニチンは肝臓の機能を高める成分で、アルコールをスムーズに分解する力を養います。肝臓の機能が落ちていると、アルコールの分解速度は低下することが多いです。従って、翌日までお酒の悪影響が残る二日酔いが起こりやすくなります。アルコールの代謝を良くすることが、飲酒の際には重要です。肝機能を高めるオルニチンは、お酒のおつまみの定番であるチーズにも含まれます。オルニチンを随時補給しながら飲酒をすることは、肝機能を維持するためにもプラスです。最近では、オルニチンが含まれるサプリメントを常備している方も多く見られます。お酒を飲む機会が増える時期に特に役立つのが、この手のサプリメントです。

有毒物質の分解を支える

体内活動においては、日々有毒物質が発生しています。活性酸素やアンモニアは、特によく知られている有毒物質です。このような物質による悪影響は、通常は各臓器の働きで消失します。例えばアンモニアを分解しているのは、肝臓です。肝臓の機能が正常に保たれている限り、アンモニアの解毒が行われます。オルニチンは、このような肝臓の働きを支える成分です。肝機能が弱ってきたときに、特に役立つのがこの成分の特徴と言えます。オルニチンは、現在サプリメントで手軽に補給することが可能です。肝機能に不安を持つ方には、特にこのオルニチンが愛用されます。オルニチンは食品にも含まれますが、概して少量です。そのため、サプリメントに頼る方が多く見られます。