甜茶や青蜜柑などが有名|アレルギー性鼻炎に悩める人は多い

心筋梗塞予防

3種類の栄養剤

摂取すべき成分

脳梗塞は脳の病気であり、心筋梗塞は心臓の病気ではあるのですが、どちらも原因は血管にあります。脳の血管が詰まることで脳梗塞は発症し、心臓の血管が詰まることで心筋梗塞を発症してしまうのです。この事実を考えると、脳梗塞、心筋梗塞の発症を阻止するためには血管の健康を保つことが重要だということが分かります。では、どのようにすれば血管の健康が保てるのかというと、血液の状態を良くすることです。良い状態の血液とは、サラサラな血液ということになります。スムーズに流れるサラサラな血液は血管に負担をかけませんから、血管の健康が保てるのです。血液をサラサラにする成分が、EPAです。ただ、EPAは体内で合成されない成分ですので、能動的に摂取する必要があります。そして、EPAを摂取する最善の方法は、サプリメントでの摂取となります。

最善である理由

どうしてサプリメントでの摂取が最善なのかというと、EPAを毎日摂取しなければ、血液をサラサラな状態で維持することはできないからです。EPAは青魚に多く含まれていますが、毎日青魚を食べるというのは難しいことですから、サプリメントでの摂取が最善なのです。サプリメントには、もう1つ大きな利点があります。それは、青魚が苦手で食べられないという人に有益なことです。アレルギーで、まったく青魚を受け付けないという人には、特に有益です。もっとも、サプリメントでも青魚由来であれば、アレルギー反応を起こしてしまう可能性はあります。しかし、多くのEPAサプリメントは青魚由来なのですが、植物由来のEPAサプリメントもありますから、大丈夫なのです。